専門誌・書籍一覧
トップ > 専門誌・書籍一覧 > コミュニティソーシャルワーク

コミュニティソーシャルワーク

csw_explanation.jpg

「コミュニティソーシャルワーク」は、研究所が発行する「地域福祉実践」の専門誌です。
時宜にあった情報の提供や役立つ情報が満載です。
年2回発行(5月・11月予定)。
定期購読も受け付けております。

  • 体裁:B5版・96頁
  • 年2回発行:(5月・11月予定)
  • 定価:1,750円(送料・事務手数料込)
  • 定期購読(年間2号分):定価3,240円(本体3,000円+税8%)

バックナンバーはこちら

最新号

『コミュニティソーシャルワーク』第19号

特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行
萌文社=編集協力
中央法規出版=発売
1,620円(税込)
2017年6月2日

●巻頭言(小野 敏明)

特集Ⅰ 子ども家庭の貧困

KHJ全国引きこもり家族会連合会の歩みと課題……………… 伊藤正俊
子ども村:中高生ホッとステーション……………………… 大村みさこ
生活困窮者自立支援事業における家計相談支援とCSW―支援事例を通して…岩垣穂大
シンポジウム―総括コメント……………………………………大橋謙策

特集Ⅱ 鼎談 21世紀の地域福祉は何を担うのか⁉ ~大橋地域福祉論の足跡と未来~

   (鼎談者)大橋謙策・宮城孝・原田正樹 (司会)田中英樹

【地域福祉実践シリーズ】


Ⅰ.国立市福祉総合相談ふくふく窓口の取り組み(東京・国立市)……森幸雄(解説:中島 修) 

Ⅱ.総合支援体制としての地域包括ケアシステムへの貢献(静岡県・掛川市)…堀場 美和子(解説:菱沼幹男)

〈調査報告〉コミュニティソーシャルワーク研修終了者に対する活動実態アンケート調査の結果……細川麻里
(解説)岩手県社会福祉協議会による8 年間のコミュニティソーシャルワーク研修の取り組み(神山裕美)

東西南北

 ■世田谷区社会福祉協議会のこれから(尾﨑一美)
 ■韓国の高齢者福祉現場からのお便り(崔太子)
 ■逗子市における住民主体の福祉教育(宮脇文恵)


書評 

 『グローバルスタンダードにもとづくソーシャルプラクティス―価値と理論―』
 『DVD「コミュニティソーシャルワーク」


投稿規程 / 編集後記

定期購読・単品購読のお申込み

申込書に必要事項をご記入のうえ、研究所宛てまでFAXまたは、メールにてお申込みください。

申込書ダウンロード

定期購読更新について

雑誌『コミュニティソーシャルワーク』を定期購入して頂き誠にありがとうございます。
雑誌の定期購読更新の手続きにつきましては、下記用紙をダウンロードし、必要事項をご記入いただき、当研究所までご送信ください。

購読更新用紙ダウンロード

Page Top